平成26年度の地方公務員試験シーズンが到来

6月22日(日)は、地方公務員上級職区分の試験が行われます。県レベルでは、神奈川県、新潟県、福井県、徳島県、大分県などが司書職採用試験を実施します。平成26年度、地方公務員試験の最初の天王山です。受験される方は、努力の成果が発揮できることを願っております。
試験場には遅くとも、開始15分前に着席しておくと、精神的に落ち着きます。もう暑い季節ですし、ギリギリ入室して汗だくで息を切らしていると、試験の入りに影響します。まずは、落ち着くことが必要だと思います。

そして、専門試験がある自治体であれば、専門重視で得点を稼ぐべきです。午前中の教養試験が思わしくなくても、午後の専門試験で挽回すれば光明はあります。地方上級試験レベルの教養は、難易度が高いので、高得点を取るのが難しいです。専門試験の出来が、左右すると思います。また、9月28日に実施する自治体で、専門試験がある自治体を受験するなら、今後は専門重視で学習計画を立てるべきです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック