【公務員教養試験】判断推理、数的推理、資料解釈のテキスト

判断推理、数的推理を得意としている受験生は少数だと思います。しかし、教養試験においては15問前後出題されますので、捨てるわけにはいきません。完璧というテキストはないのですが、やはり畑中敦子氏の著作が一番無難でしょう。全て完璧に理解するのは不可能なので、過去問から出題される分野で、自分が何とかできそうな問題の解法パターンを徹底的に覚えましょう。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック