【公務員教養試験】社会科学(法律・政治・経済)、時事のテキスト

 社会科学では、法律、政治、経済の分野から各2~3問出題されます。また、近年は、独立した科目として、時事問題が重要科目となっています。これらの科目は、理論以上に情報鮮度を重視した学習が必要です。つまり、最近の時事ネタを使った問題が出題されるので、最新の統計や政治・経済情勢を把握しておくことが重要です。最近とは、過去1年前から3カ月前辺りの範囲です。経済は、時事問題を絡めた出題が目立ちますので、時事対策と絡めて学習する方が効率的です。テキストは、以下に紹介したものが定番でおすすめです。

▼入門書としても使えますし、これに掲載されていることがマスターできれば、十分対応できます。大学受験用ですが、公務員試験用としても使えます。


▼定番の「速攻の時事」ですが、秋の公務員試験には、情報鮮度の点で不十分な部分があります。購入したら、最新のデータはネットで調べておきましょう。


▼TACからの「時事問題攻略の秘策」も使えます。これも、秋の公務員試験には情報鮮度の点で不十分な部分があります。購入したら、最新のデータはネットで調べておきましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404153163

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック