★図書館司書・大学通信講座[資料請求無料]★リクルート・ケイコとマナブ.net


2014年08月24日

【公務員教養試験】自然科学(化学・生物・地学)のテキスト

自然科学は、数学、物理、化学、生物、地学の5科目で構成されています。文系の方は、数学、物理、化学の計算問題は捨てても良いと思います。特に重要な科目は、生物です。生物は、必ず2問出題されます。他科目は1問出題なのに、生物だけ2問出題のケースも頻繁に散見されます。

生物優先で学習して、その次に地学と化学の知識分野をやれば良いと思います。社会科学や人文科学に比べ、出題範囲が限られているので、臆せず学習しておくと数的推理の失点カバーや得点アップに威力を発揮します。過去問で出題分野を把握して、焦点を何度も復習すれば得点しやすいのが自然科学です。

【生物】


【地学】


【化学】



スポンサードリンク


posted by パピルス at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教養試験テキスト・過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404252553
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
★図書館司書・大学通信講座[資料請求無料]★リクルート・ケイコとマナブ.net