国立大学法人の採用面接で頻繁に聞かれる定番の質問

国立大学法人の面接での質問は、ある程度決まっています。国家公務員や地方公務員に比べて対策が立てやすいです。しかも、受験者からの情報が国立大学法人等採用試験攻略ブックに掲載されているのです。国立大学法人等採用試験攻略ブックの情報を元に、頻繁に(必ず)聞かれる質問を挙げてみました。参考にしてみて下さい。

志望動機(なぜ国立大学職員なのか、なぜこの大学なのか) ※重要
・自己PR
・この大学の印象
これまで、挫折や困難をどのようにして乗り越えたか ※重要

併願先と優先順位 ※※超重要
(併願先を言うのは構いませんが、第1希望であると伝えなければ採用してくれません。他の内定を辞退し、定年まで勤める覚悟がある意思を示す必要があります。)

・パソコンのスキルはどれくらいか
・エクセル、アクセス、パワーポイントはどれくらい使えるか
・英語での業務は可能か
・英語はどれくらいできるか
・これまでの勤務やアルバイトで挫折や苦労したことは
・趣味や特技
・ストレス解消法

上司と意見が合わない時どうするか ※重要

・友人は多いか
・親友は何人くらいいるか
・友人からどう見られているか
・やりたい仕事と理由
・希望する部署

希望しない部署に配属されても構わないか ※重要

・他大学や機関への転勤や出向もあるが構わないか


▼過去の受験者から寄せられた面接情報が充実しています!2次試験に進む方は、購入して対策をしてください!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック