非正規雇用だとボーナスの時期が辛い

2014年12月10日(水)、国家公務員、地方公務員、国立大学法人職員に冬のボーナスが支給されました。民間企業でも、すでに支給された企業もあるでしょう。

非正規雇用で働いていた頃、当然ボーナスなど支給されませんでした。民間の請負会社で、現場リーダー(契約社員)として、スタッフの管理や業務指示、顧客との折衝などの仕事をしていても、ボーナスはありませんでした。まさに、辛酸をなめる思いでした。

民間の図書館受託請負会社は、現場のリーダーといったルーティンワークだけでなく、マネジメント要素も含むレベルの仕事をこなす社員にも、ボーナスを支給しない(できない)企業がほとんどです。補助的な仕事であれば、支給されないのは仕方ありませんが、リーダーとかマネジメントの仕事をする社員にさえボーナスがないのは理不尽であり、ピンハネしているか、経営が自転車操業と疑われても仕方ないと思います。この辺りを改善しないと、いずれ人材は背を向けるでしょう。将来のビジョンも描けず、やりがいとモチベーションも維持できません。

残念ですが、民間受託会社の非正規雇用の現場リーダーなどは、待遇的に割に合わない立場であり、同情する思いがあります。正社員と同内容・同レベルの仕事なのに待遇が低いのであれば、理不尽極まりないことです。事情が許すのであれば、また、受験機会があるならば、自治体や国立大学法人の正規司書をめざしてください。司書でなくとも、近年、募集数が多い事務職でも良いと思います。

お金が全てではありませんが、生きていくためにはお金が必要です。そのために皆働いているのです。仕事内容に見合わない理不尽な待遇を受ける人が、一人でも減る事を願わずにはいられません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック