関西学院千里国際キャンパス図書館の司書求人 : 人材を舐めている、時給945円の業務内容

 毎度のことですが、図書館司書求人で、待遇と業務内容が不均衡な求人を見つけました。学校法人関西学院の系列校である、関西学院千里国際中等部高等部および関西学院大阪インターナショナルスクールの図書館司書求人です。まずは、求人内容をご覧ください。
▼ここから▼
◆募集人員:パート職員1名
◆待遇 : 時給945円
◆応募資格
・図書館司書有資格者
・図書整理(目録・分類)経験者
・業務遂行に必要な英語力(日常会話以上の会話力・英文の資料の読解力)、および日本語力(母国語または同レベル)のある方
・ITについてある程度の知識のある方
・コミュニケーション能力がある方が望ましい
◆業務内容
・日本語と英語の図書、雑誌、新聞の受入
・目録メンテナンス業務
児童生徒・教員への学習支援・読書支援
・貸出、返却
・レファレンス
・書架整理
・機器貸出
・スケジュール管理等
幼稚園から高校3年生までの生徒の日英2言語教育施設としての学校図書館の全般の業務も分担
◆勤務時間:月~金曜日、午前8時~午後6時のうち、1日8時間、週40時間
◆雇用期間 : 平成27年8月21日から平成28年3月31日(以降、毎年度ごとに1年契約更新を予定)

 教職員と生徒以外の人は入館できない学校図書館なので、全貌はわかりませんが、時給945円で経験者、英会話/英文読解、IT知識、コミュニケーション能力を要求するのは非常識にも程がある。しかも身分は契約制のパート。帰国子女や留学生ばかりだろうから高度な語学力は必要だけど、この待遇で仕事をしろというのは労働者を舐めているでしょう。今年1月にも同様の求人を出していたが、そりゃ来るわけないでしょう。人を安く使うことしかマネジメントできないのは、所詮ブラック企業の発想と同じなのである。

この記事へのコメント

  • a

    あいも変らず、またまた舐めた人材募集やってますよ。関学凋落の決定打
    2017年03月07日 10:52
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422248736

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック