ヴィアックス,埼玉福祉会,日本データベース開発,システムズデザイン,図書館スタッフ,日販図書館サービス,ツタヤ等の評判◆図書館委託業務・業者の実態 2

 前回の続き(図書館業務受託会社の評判【1】TRC、丸善、紀伊国屋書店、キャリアパワー、ナカバヤシ、ウーマンスタッフ)で、今回は、契約件数と求人数が、それほど多くない、業界のポジションとしては、末席の受託会社を簡単に紹介します。求人数が少ないということは、裏を返せば、契約満了の際、別の就業先を紹介してもらえる確率は低くなります。その点を注意してください。

【ヴィアックス】
東京23区の公共図書館業務を受託している新参会社である。都内の公共図書館は、TRC、ヴィアックス、丸善で、ほぼ独占されている。こうした新規参入企業に特徴的なのは、すでに、一般事務やマーケティングでの委託や派遣の実績はあるが、図書館とは無縁な状態で参入してくることと、受託業務が閲覧業務に限定されることである。裏を返せば、閲覧業務は素人企業でもできるということである。ただし、できると言っても最低限レベルの話であり、図書館の使命と自治体の要望を熟知し、質の高いサービスが展開できるかは未知数である。時給は1000円以下の安っぽいものばかりしかない。
◎主な契約先: 東京23区の公共図書館

【埼玉福祉会】
1970年代後半から、整理業務を中心に受託している、業界でも老舗。企業ではなく、社会福祉法人である。閲覧業務より、目録、装備、蔵書点検業務の求人が多い。長期契約の仕事が少なく、単発仕事が多いので、キャリアを積んだり、長期契約を希望する人には不向きである。
◎主な契約先: 首都大東京(日野)、日本社会事業大、国立新美術館、中央大、東京家政大、文化女子大、実践女子大

【日本データベース開発】
コンテンツ作成、システム開発、試験問題作成などの事業が主力。同じ大学や機関の求人が、繰り返し出ている印象が強い(特に立教大学)。受託数は少数。
◎主な契約先: 立教大、立教女学院短大、東京音楽大、青山学院大、東京芸術大、国立情報学研究所、アジア経済研究所

【システムズデザイン】
情報サービス会社。2010年頃までは、関東の大学を中心に多く求人が見られたが、近年は関西の大学の求人しか見ない。受託が激減している業者である。
◎主な契約先: 上智大、関西の私立大

【日販図書館サービス】
大手取次、日販の子会社。以前は多く求人が見られたが、近年は絶滅したかのような状態でほとんど見なくなった。現在、親会社の日販は、経営状況が極めて厳しい。主力の日販MARCサービスも終了する。
◎主な契約先: 埼玉県の一部公共図書館

【ツタヤ・カルチャーコンビニエンスクラブ・CCC】
いわゆる、TSUTAYA(ツタヤ)。もう、改めて説明するまでもないだろう。佐賀県武雄市立図書館や海老名市立図書館の選書問題で脚光を集めた。選書や分類の件で物議を醸したが、こうした事が頻繁に起こると、雲行きも怪しくなるだろう。まだ過渡期なので、今後の展開を見守るしかない。
◎主な契約先: 武雄市立図書館、海老名市立図書館、多賀城市立図書館

【日本レコードマネジメント】
官公庁や企業の文書管理サービスを得意とする企業。閲覧と目録の受託実績があるが、近年は、めっきり求人を見なくなった。頻繁に日大商学部図書館の受託求人が出るが、条件が悪すぎて敬遠されているのだろう。受託が激減している業者である。
◎主な契約先: 日大商学部

【有隣堂】
神奈川県を本拠地に展開する書店。主に神奈川県内の公共図書館の閲覧業務を受託し、横浜市立山内図書館は指定管理館となっている。
◎主な契約先: 神奈川県内公共図書館(横浜市立図書館など)、横浜市立大学、東京特別区自治情報・交流センター

【図書館資料整備センター】
かつては、目録、分類、装備といった、整理業務の受注を多く手掛けていた老舗企業。新規参入業者との価格競争もあり、近年は求人を見ることが、ほとんどなくなってしまった。
◎主な契約先: 不明

【図書館スタッフ】
丸善と提携関係がある。HPの求人を見ても、数が乏しい。時給もすこぶる悪い。
◎主な契約先: 東京医療保健大、昭和女子大、法政大、東京電機大、千葉工業大、東京学芸大、日大文理学部、目白大

【マイトベーシックサービス】
老舗の図書館業務のアウトソーシング会社で、書誌データ作成をメインにしている。近年は、求人を見ることが無くなってしまった。
◎主な契約先: 大宅壮一文庫

【リブレスク】
下請けの有限会社である。公に求人を募集することは滅多にない。
◎主な契約先: 慶應大

【日本カタロゴス】
今どき、ホームページが存在しない、幽霊会社。ホームページが存在しないことは、信用がないのと同じである。東京・神田に本社があるみたいだが、実態がイマイチわからない。おそらく、書店や取次などから降りてくる、下請けの安い仕事ばかりだと思う。
◎主な契約先: 日大理工学部(船橋)

【大学図書館支援機構(IAAL)】
大学図書館への研修や業務支援を行うNPO法人で2007年設立。立教大学の閲覧、目録業務を受託している。
◎主な契約先: 立教大

【リブネット】
三重県伊勢市に本社を置く、2002年設立の新興企業。公共図書館と学校図書館業務の受託を主力にしている。三重県、東京都、埼玉県の求人に偏っている。
◎東京都、埼玉県、三重県の公共図書館および学校図書館、防衛大学校

【フィルムルックス】
図書館用品や装備を専門とする会社。求人は装備業務のものに限られている。しかも、ほとんど出ない。

【大学出資の会社】
大学出資の会社は、基本的に系列大学での勤務となります。卒業生などは、優先して採用されたりします。ただ、相性が合わない場合は、他に行き場がないので、注意してください。

・早稲田大学アカデミックソリューション
・明大サポート
・立教オフィスマネジメント
・明治学院サービス
・アイビーシーエス(青山学院大学)
・KUサポート(駒澤大学)
・ウィズケイ(共立女子大学)
・タマガワイーサポート(玉川大学)
・クレオテック(立命館大学)

【その他】
以下の企業は、図書館とは何の関連もない業界企業です。ノウハウが乏しいか、ないに等しいです。中には、社員から訴訟を起こされた企業もあります。こうした、図書館業界への参入には100年早いような、いい加減な企業もありますから、応募をしてはいけません。

○アウトソーシング会社
・シダックス/大新東ヒューマンサービス
・ケーデーシー
・日経サービス
・湘南コミュニティー

○派遣会社
・マイナビスタッフ
・マンパワーグループ
・アデコ
・日本コンベンションサービス
・スタッフサービス
・テンプスタッフ
・JR東日本パーソネルサービス
・NTTヒューマンソリューションズ
・ザ アール
・旭化成アミダス
・アソウヒューマニーセンター
・パナソニックエクセルスタッフ
・バックスグループ
・ロジスティック・プランニング・スタッフサービス

○運送
・日本通運

○ビル/マンション管理
・秀光
・光官財
・オーディーエー
・エースシステム
・サービスエース

○不動産
・エイト

○金属加工業
・トミテック

○機器部品販売
・グランディオサービス

○自動車販売/整備業
・ヤオキン商事

○清掃、浄化、消毒、駆除
・クリーン工房
・環境テクノ

○スイミングクラブ
・ティーエムエンタープライズ

○不明業種
・彩の国協同組合
・フィット協同組合
・光商会

以上の業者の求人は、いつまで続くか分からない雇用形態と毎月の生活を回すことで精一杯の収入に危機感を感じるものばかりです。会社の規模も零細企業で経営状況が思わしくないため、正社員ですら将来が不安になります。将来の目標が明確で、それまでの繋ぎとして勤務するなら構いませんが、他に行く当てもなく、何となく応募し、惰性でダラダラと年齢を重ねることは避けるようにしてください。

※これらの情報は、2017年2月25日現在のものです。今後、状況が変わることもありますので、常に会社のHP等で最新情報を収集してください。主な契約先は、現在のものと過去に長期間契約(既に契約は終了)していたものが含まれます。

▼こちらの記事もご参考ください!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック