学術情報基盤実態調査(平成26年度)は、大学図書館の現状を知ることができる有益資料

文部科学省のHPで掲載されている、国公私立大学の大学図書館におけるコンピュータ・ネットワーク環境の現状に関する「学術情報基盤実態調査」は、現状を理解する上で役立つ資料です。公共図書館ネタがメインとなる、地方自治体の専門試験でも、出題される可能性はあります。細かい部分まで覚える必要はありませんが、おおまかな概要くらいは知っておくべきだと思います。
<重点項目>
・機関リポジトリ公開
・ラーニングコモンズ設置
・図書館資料費
・電子ジャーナル経費
・情報システムのクラウド化
▼詳細は文部科学省HP

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426513772

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック