【推薦図書】図書館員をめざす人へ / 後藤敏行著

タイトルの通り、図書館員をめざす人へ読んで頂きたい書籍が出ましたので、ご紹介します。

[タイトル] 図書館員をめざす人へ
[著者] 後藤敏行
[出版者] 勉誠出版
[発行年] 2016.4
[定価] 2,160円・税込

全体が、基礎編、実践編、これからの図書館員像の3部構成になっています。基礎編では、図書館の種類、仕事内容、トレンドな情報、資格取得方法、就職事情について、わかりやすく書かれています。コラム欄では、図書館員の待遇や人事異動について書かれているのが、貴重な情報です。

そして、本書で何と言っても読み応えがあるのは、実践編、これからの図書館員像編で書かれている、現役図書館員(司書)へのインタビューです。図書館の館種ごとに紹介されていて、これまでの経験、現在の仕事内容、業界の現状、今後のビジョンについてまで、詳細にインタビューされています。こうした情報は、ネットでは得られないものなので、これから図書館員を目指す方にとって、大変参考になる内容です。

また、後半部分の「求人の情報源」(p226)で、当ブログをご紹介して頂きました。この場をお借りしして、お礼申し上げます。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック