紀伊國屋書店の人をバカにしている大学図書館司書求人◆時給1000円程度の薄給で多大な要求

 今回は、私立大学図書館の委託業務における、民間業者の「整理・収集・マネジメント業務」に関わる求人事情に焦点を当てた記事を書いてみました。まず、私立大学図書館の委託業務の求人は、カウンターやフロアー周りの閲覧業務(貸出・返却処理、書架整理など)が圧倒的に多く、全体の約80%程度を占めます。残りの約20%は、目録・分類などの整理業務、発注・受入などの収集業務、そして、責任者(リーダー)などのマネジメント業務になります。当然、後者の方が仕事の難易度が高く、初心者(未経験者)には難しいのが実情です。ある程度の職務経験や知識が必要になり、人材確保も難しくなります。

 大学図書館の場合、各資料の専門性が高く、洋書などの外国語資料もあるため、公共図書館より業務に慣れるのに時間がかかります。また、IT化が進んでいますし、目録業務においては、国立情報学研究所(NII)が管理する、全国総合目録システム「NACISI-CAT」を利用した業務知識が必要になります。システムの仕組みや書誌・所蔵データの作成、流用、登録、他館との書誌調整などの知識を身につける必要があり、戦力になるには相応の時間が必要になります。

 私立大学図書館の委託は、競争入札ではなく、通常の営業取引の中で業者に委託するケースが多いです。そのため、契約が結ばれると、業者が人材を雇用して大学図書館へ配属させる形態となります。そして、受託業者は、大手書店のシェアが高く、通常の書籍・雑誌の取引を経由して、仕事を獲得しやすい環境であることが影響しています。

 しかし、職務経験と知識が必要で、それなりの難易度がある仕事にもかかわらず、給料においては、人をバカにしているような求人ばかりです。その一例を挙げてみます。※情報はHP掲載時のもので、すでに応募は終了しています。

[紀伊國屋書店の受託業務求人]
■豊島区西巣鴨の大正大学図書館
○仕事内容: 収書・整理業務全般 
・発注と受入
・目録/分類整理(和書、洋書、中国書、韓国書、雑誌)
・装備
○給与: 時給1000円(未経験者950円)
○契約年数: 1年(更新可)
○応募資格
・司書資格
・NACSIS-CAT目録登録業務の経験
・装備が得意な方
・大学図書館での業務経験
○勤務時間: 週5日 9時~17時

■関西エリア(大阪、京都、西宮)の大学図書館
○仕事内容: 関西地区の大学図書館に出向いての業務アドバイス、スタッフのマネジメント補助、スタッフ対象の図書館業務研修の企画・運営
○給与: 時給1000円
○契約年数: 1年(更新可)
○応募資格
・図書館勤務経験必須
・明るく、笑顔で対応できる方
・フットワークが軽く、積極的に対応できる方
・大学図書館業務のスキルアップをしたい方
・Word/Excelの操作経験必須
・勤務時間、曜日の変更に対応可能な方
・リーダー、研修講師などの経験があれば尚良し
・外国語が堪能であれば尚良し
○勤務時間: 週5日 9時~17時

■大阪府吹田市内の大学図書館
○仕事内容: 閲覧業務リーダー、貸出と返却、レファレンス、利用者講習会、スタッフのマネジメントと育成、業務改善の提案
○給与: 時給1300円
○契約年数: 1年(更新可)
○応募資格
・大学図書館業務経験
・司書資格必須
・World、Excelの基本操作必須
・接客業、マネジメント経験があれば尚良し
○勤務時間: 週5日勤務シフト制

 こうした、単純労働ではなく、キャリアが必要な業務に従事する人材に、時給1000円程度の人件費しか出せないなら、愚行と言えるでしょう。この程度まで人件費を削らなくては、会社の利益が確保できないなら、ビジネスとして体裁を成していないわけです。そんな利益に結び付かない商売をしている事こそ問題があります。それでも続けざるを得ないなら、単なる延命措置であり、成長性のない業界(会社)だと見るべきでしょう。

 応募を検討している方やこうした環境で働いている人も、業界事情を認識する必要があります。それでも飛び込む価値があるのか、または、別の道に進むのかは個人の判断に委ねるしかありませんが、惰性でダラダラと続けることは避けるべきでしょう。

 結局のところ、図書館で安定的に勤務するには、自治体公務員や国立大学職員として、正規採用されて勤務するしかないのです。自分のキャリアや知識を、こうしたポンコツ求人に翻弄されるのは、実にもったいないことです。また近年は、一般事務職の採用数が増加している自治体が多いので、そうした方向を目指すのも選択肢の一つです。司書職制度はありませんが、東京特別区(23区)の採用者数は、ここ数年、800人を超える大盤振る舞いな状況です。

 一時的には仕方ないにしても、今回紹介した求人のような環境で、自分のキャリアや才能を潰すことがないようにして欲しいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441713788

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック