筆記試験では、国立国会図書館オンラインサービスの内容が出題されます!

ここ数年、地方自治体の一次試験(専門試験)では、国会図書館のオンラインサービスについての内容を問う問題が出題されている情報が寄せられています。当然、国会図書館や国立大学法人の専門試験でも、出題の可能性が十分あります。どの館種を受験予定の方でも、必ず理解しておくべきです。NDLのホームページで確認できますので、これをテキスト代わりに活用しましょう。

▼以下のサービスは、必ず内容を押さえておきましょう。

●国立国会図書館サーチ
●NDL OPAC
●Web NDL Authorities (国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)
●国立国会図書館デジタルコレクション
●歴史的音源 (れきおん)
●WARP(国立国会図書館インターネット資料収集保存事業)
●ひなぎく (国立国会図書館東日本大震災アーカイブ)
●レファレンス協同データベース
●リサーチ・ナビ
●国会会議録検索システム
●日本法令索引
●カレントアウェアネス・ポータル
●国立国会図書館キッズページ

●図書館向けデジタル化資料送信サービス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445818746

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック