地方上級・司書専門試験問題の情報☆2017年6月25日実施

先日、6月25日(日)に行われた、地方上級A日程一次試験・某自治体の司書専門試験の情報をご提供頂きました。問題の完全な再現は困難なため、出題された用語などを下記に記しておきます。今後の試験対策にご活用ください。

近年の試験問題の傾向は、どの自治体であれ、問われる内容が似ています。定番テキストを反復学習することで、十分に対応できるはずです。さらに、国立国会図書館、国立情報学研究所、科学技術振興機構の公式サイトで提供されているサービス内容や最新ニュースを常に理解しておくべきです。また、図書館雑誌などの専門誌で時事的な情報も得て下さい。

※先日のコチラの記事もご参考ください

▼2017年6月25日(日)実施
・地方公務員上級A日程・筆記試験(司書・専門試験)
※自治体名は、控えさせて頂きます。

【生涯学習概論】
・ポール ラングランの生涯教育論
・1980年代半ばの臨時教育審議会の教育改革論で、生涯学習という言い方へ定着
・1990年「生涯学習のための施策の推進体制等の整備に関する法律」

【図書館学概論】
・日本図書館協会、日本図書館研究会、全国学校図書館協議会、情報科学技術協会、科学技術振興機構の機関発行誌⇒図書館雑誌、図書館界、学校図書館、情報の科学と技術、情報管理
・図書館法、文字活字文化振興法、ユネスコの公共図書館宣言、図書館の権利宣言
・コンテンツ振興法

【図書館経営論】
・指定管理者制度
・貸出密度、蔵書回転率
・図書館サービスの評価指標(インプット、アウトプット、アウトカム、プロセス)

【情報サービス論】
・デジタルレファレンス
・レフェラルサービス
・レファレンス共同データベース
・レファレンスインタビュー
・カレントアウェアネスサービス
・読書相談
・西洋人物レファレンス辞典、国立国会図書館雑誌記事索引、国書総目録、古典籍総合目録、世界名著大事典、明治/大正/昭和翻訳文学目録
・広辞苑、大辞林、大辞泉の出版者⇒岩波書店、三省堂、小学館
・精度、再現率の計算
・論理演算

【図書館サービス論】
・障害者サービス(対面朗読、拡大写本、デイジー、サピエ)
・国会図書館 IFLA/PACアジア地域センター
・閲覧、貸出、返却、予約、団体貸出

【図書館情報資源論】
・コアジャーナル、白書、灰色文献、テクニカルレポート
・2015年の図書、雑誌の売上高、出版点数
・電子書籍のコミック売上シェア
・電子書籍フォーマット/EPUB
・ブランケットオーダー、アプルーバルプラン

【情報資源組織論】
・メタデータのエレメントと意味(内容記述、資源タイプ、フォーマット、資源識別子)
・交差分類
・翻訳書の分類
・基本件名標目表4版のUF,TT,BT,NT,RTの意味
・日本目録規則 改訂3版のタイトルに関する事項 (並列、総合、共通)
・標目に関する事項(著者標目,タイトル標目,分類標目,件名標目)

【児童サービス論】
・ブックスタート
・石井桃子の活動(かつら文庫、みんなの図書館)
・椋鳩十の活動(母と子の20分間読書)
・戦前期の日比谷図書館の児童室開設

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451270880

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック