東京都立多摩図書館が移転オープンしました! 平成29年1月29日(日)

都立多摩図書館が立川市から国分寺市へ移転し、平成29年1月29日(日)にOPENしました。 雑誌と児童・青少年資料を重点に所蔵する図書館です。 東京マガジンバンクは、17000タイトルの雑誌を所蔵し、内6000タイトルは初号から閲覧できます。ジャンルも多岐に渡ります。児童・青少年資料サービスでは、22万冊の関連資料を所蔵しています。 機会があれば、是非、訪れてみてはいかがでしょうか。 ま…

続きを読む

日記Comment (0)

非正規の図書館司書を続けることはマイナス人生・視野を広げることも必要です

 今日で平成27年度が終わり、明日から新年度・平成28年度が始まります。昨年の採用試験で最終合格し、明日から、晴れて正規職員として入職される方は、期待と緊張が入り混じった心境でしょう。当ブログにも、ここから情報を得て参考にし、自治体の正規司書として内定した方からお礼のコメントを頂きました(個人的な事なので公開はしていません)。こちらとしても、非常に嬉しいです。引き続き、少しでもお役にたてる情報を…

続きを読む

日記Comment (0)

丸善書店がジュンク堂を吸収合併 - 図書館よりも厳しい書店業界の現実

先日、大日本印刷グループで丸善CHIホールディングス傘下の丸善書店とジュンク堂の合併が発表され、ニュースになりました。どちらも図書館と縁が深く、とりわけ大学図書館や専門図書館を顧客としています。そして、新聞記事によると▼ 大日本印刷傘下の中間持ち株会社・丸善CHIホールディングスは12月24日、100%子会社の丸善書店が、同じく100%子会社のジュンク堂書店を来年2月1日付けで吸収合併すると発…

続きを読む

非正規雇用だとボーナスの時期が辛い

2014年12月10日(水)、国家公務員、地方公務員、国立大学法人職員に冬のボーナスが支給されました。民間企業でも、すでに支給された企業もあるでしょう。 非正規雇用で働いていた頃、当然ボーナスなど支給されませんでした。民間の請負会社で、現場リーダー(契約社員)として、スタッフの管理や業務指示、顧客との折衝などの仕事をしていても、ボーナスはありませんでした。まさに、辛酸をなめる思いでした。 民…

続きを読む

日記Comment (0)

チャンスは突然やって来て、一瞬で去って行く

9月に実施される、市役所C日程と地方中級/資格免許職といった、各自治体の公務員試験の公示がピークを迎え、申し込みと受験勉強の追い込みシーズンに入りました。司書職制度を存続している自治体は少ないのが実情ですから、採用があることは奇跡かもしれません。近年は、団塊世代の大量退職の影響で、どの職種も採用増や長年凍結されていた職種の採用復活が見受けられます。司書職も例外ではありません。 今年は、志願者の…

続きを読む

日記Comment (0)

地元に近い自治体を受験するべき

7月以降、毎日のように全国各地の採用試験情報をお伝えしてきました。大都市から町村まで多様ですが、地方自治体を受験する場合、自分の居住地に近い方が合格確率は高まります。遠方の縁も所縁もない自治体を受験しても難しいでしょう。採用方針の大枠として、地元に縁がある人を採用したいのは、自治体の本音かなと思います。地元に採用がない人は、隣接自治体など地理的な検討も含め受験するべきです。ただ、東京都や横浜市の…

続きを読む

日記Comment (0)