併願状況が面接の合否を決める重要ポイント

地方公務員試験も二次試験(面接)を迎える時期となりました。面接は採否の判断をする重要な場となるわけですが、多くは事前にエントリーシートへ個人情報、志望動機、自己PR、これまでの取り組みや経験、資格、趣味などを書いてもらい、それらを参考に進めていきます。これは、自治体であれ、国立大学であれ、同じスタイルです。 面接本や予備校の対策では、特に志望動機と自己PRが重要ポイントと位置付けています。これ…

続きを読む

面接Comment (0)

国立大学法人の採用面接までに必要なこと : これを実践しないと合格できない!

 国立大学法人、一部の独立行政法人の一次試験合格発表後、採用(業務)説明会が開催されます。採用予定の大学や機関の人事担当者が一同に集結し、業務説明や二次試験(面接)の受付などが行われます。今回は、説明会の重要性と注意点をアドバイスしたいと思います。※地区により説明会の方法が異なる場合があります。 ◎説明会には必ず参加する 説明会では、多くの大学・機関が面接の受付を行います。つまり、参加しなけれ…

続きを読む

面接Comment (1)

面接で手応えがあったのに不採用(不合格)なのは何故か?

今年も採用試験が一段落しました。同時に来年度の採用試験へ向けてのスタートでもあります。今日は面接の裏側について書きます。司書のような専門職(資格免許職)の場合、行政事務職のようなシビアな面接は、あまり行われない。個人面接が中心で、グループディスカッションやプレゼンは実施しないケースが多い。質問も比較的シンプルな内容が多い。それは、自治体の中核を担うポジションに配属される人材を採用するわけではない…

続きを読む

面接Comment (0)

面接対策プラン

 面接においても、直前に対策を始めるようでは、時すでに遅しです。一般的に聞かれる質問項目をピックアップし、自分の答えを用意しておくべきです。希望する自治体や国立大学が既に明確なら、情報収集と志望動機を練りましょう。  面接で特に重要なのは、内定が出たら必ず承諾する根拠を示すことです。第1希望を示さないと、全てが台無しになります。それには、自治体や大学に関する情報を調べ、そこで働きたい意志を相手…

続きを読む

面接Comment (0)

国立大学法人の採用面接で頻繁に聞かれる定番の質問

国立大学法人の面接での質問は、ある程度決まっています。国家公務員や地方公務員に比べて対策が立てやすいです。しかも、受験者からの情報が国立大学法人等採用試験攻略ブックに掲載されているのです。国立大学法人等採用試験攻略ブックの情報を元に、頻繁に(必ず)聞かれる質問を挙げてみました。参考にしてみて下さい。 ・志望動機(なぜ国立大学職員なのか、なぜこの大学なのか) ※重要・自己PR・この大学の印象 …

続きを読む

面接Comment (0)

国立大学法人は面接で併願先を必ず聞いてくる

国立大学法人の面接での定番質問が併願先を聞くことです。受験生で国立大学法人だけに応募している人は少数で、多くは国家公務員や地方公務員と併願しています。国立大学法人、国家公務員、地方公務員の全てに合格した場合、国立大学法人を選択する人は、あまりいません。多くは、国家か地方に流れます。国立大学法人側も、その事実は過去のデータや経験から周知しており、確実に人員を確保するには、併願先を聞いて確実に来てく…

続きを読む

面接Comment (0)

国立大学法人職員採用試験で既卒は不利なのか?

国立大学法人等職員採用試験において、どの国立大学、研究所、博物館も少数採用です。採用なしも例外ではありません。稀に事務系で10人以上採用する大学がありますが、多くは10人以下です。図書系に限っては、1人~2人程度でしょう。 そうなると、新卒が絶対有利なのかといえば、そうでもないようです。そう感じた根拠として、国立大学法人等職員採用試験攻略ブック 27年度 2015年度 (別冊受験ジャーナル)に…

続きを読む

面接Comment (0)

採用側は、裏切らない人材を採用しなければならない

 独自指定の履歴書やエントリーシートの記入項目に、併願状況を書く欄がある場合があります。他の自治体、国立大学、民間企業などの具体的な固有名詞と進捗状況などを細かく書かされるのです。全体の微々たる記入スペースなので、志望動機や自己PRなどの記入欄と比較して、一見、それほど重要でないように思いますが、ここが大きな落とし穴になる危険性があることに注意して頂きたいと思います。  これは、国家公務員、地…

続きを読む

面接Comment (0)

過去・現在・未来を語れれば、面接は難しくない

面接の質問で、特に重視されると思うものは、以下の質問が考えられます。 ・志望動機 →なぜ、この自治体もしくは国立大学なのか。なぜ、その職種(司書や事務など)を選んだのか。・これまでに困難や挫折を克服した経験・アルバイトやこれまでの職務でのトラブル対応経験・様々な年代、立場、外部の人とコミュニケーションがとれるか・自分の長所と短所・趣味や特技・ストレス解消法・併願状況・○年後、どうなっていたいか…

続きを読む

面接Comment (0)

面接官がストレス解消法や趣味について質問する意図とは

面接において、ストレスの解消法について質問されることがあります。同様に趣味についての質問もあります。この質問の意図は、きちんと仕事と私生活を分け、プライベートが充実しているかを知りたいからです。仕事では皆、ストレスが溜まるものです。それをきちんと解消できないと、精神的に病み、仕事に悪影響を及ぼします。没頭できる趣味を持ち、私生活を充実させる(ストレス解消)ことが仕事に良い影響を与えると面接官の経…

続きを読む

面接Comment (0)