マイナンバーカードで全国の公共図書館を利用できる仕組みを検討【ニュース】

 総務省は10日、社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度で使う個人番号カードについて、来夏にも全国の地方自治体が運営する図書館の利用カードとしても使える仕組みをつくる方針を固めた。個人カード1枚でさまざまな図書館の本を借りられるようにして利便性を高め、普及につなげる。総務省によると、図書館を設けている自治体は1350団体で、多くの自治体に参加を促す。  新たな仕組みは、個人カード裏面のIC…

続きを読む

時事Comment (0)

NACSIS-CAT書誌/所蔵登録の目録業務◆大学図書館,受託業者の怠慢と規約(ルール)違反は結構多い

 先日、「目録屋の戯言」というブログを運営されている管理人様が書かれた、大学図書館の目録作成業務に関する、「ローカルだけの書誌登録」の記事を読み、経験上、かなり思い当たる節がありました。ざっと言うと、総合目録データベースである、NACSIS-CATの利用規定に反した、一部の図書館があるという内容です。今回、その暗黙の了解の実態について書いてみることにしました。専門的な実務の話になってしまいますが…

続きを読む

時事Comment (0)

図書館業務受託業者ホームページのスマホ対応状況

先日は、公立図書館と国立大学図書館のホームページが、スマホ対応しているかを調べた結果を書きました。今回は、図書館と取引関係のある主要な業者のホームページが、スマホ対応しているかを、ついでに調べてみました。業者ですから、日常的に見る機会はないと思いますが、結果は以下の通りです。 【○スマホ対応】図書館流通センター(TRC)、紀伊國屋書店、有隣堂、ナカバヤシ、ヴィアックス、キャリアパワー、日本アス…

続きを読む

時事Comment (0)

図書館ホームページのスマホ対応状況(都道府県・政令指定都市・東京23区・国立大学) 平成28年8月29日現在

スマホの普及に伴い、図書館利用者もスマートフォン(スマホ)からホームページへアクセスする事が、今や主流になりつつあります。ネット通販の業界では、すでにスマホからのアクセスがパソコンを超えているそうです。当ブログですら、スマホからのアクセスが6割を占めます。主役は、パソコンからスマホへ変化したと言っても過言ではありません。 図書館の世界においても、スマホ対応は利用者サービスとして不可欠なものであ…

続きを読む

時事Comment (0)

地方公務員年収ランキング・トップ500自治体 【東洋経済オンライン掲載】

 東洋経済オンラインが、全国の地方自治体の年収ランキング・トップ500を掲載しています。あくまでも、全職員の平均ですから、職種ごとの正確な数値ではありません。参考程度に眺めてみてください。ちなみに1位は東京都だそうです。それに続き、道府県庁、特別区(23区)、首都圏や関西の圏の自治体が入っています。各自治体の詳細なデータは、年1回広報誌に掲載されたりしますし、申請すれば情報開示で教えてくれると思…

続きを読む

時事Comment (0)

学術情報基盤実態調査(平成26年度)は、大学図書館の現状を知ることができる有益資料

文部科学省のHPで掲載されている、国公私立大学の大学図書館におけるコンピュータ・ネットワーク環境の現状に関する「学術情報基盤実態調査」は、現状を理解する上で役立つ資料です。公共図書館ネタがメインとなる、地方自治体の専門試験でも、出題される可能性はあります。細かい部分まで覚える必要はありませんが、おおまかな概要くらいは知っておくべきだと思います。<重点項目>・機関リポジトリ公開・ラーニ…

続きを読む

時事Comment (0)

「学校司書」法制化の実現 平成27年4月1日施行予定

学校図書館法の一部改正法律案が、平成26年6月20日に成立し、平成27年4月1日付で施行されることになりました。学校には学校図書館職務に従事する学校司書を置くよう努めなければならないこと等が規定されました。この時事ネタは、平成27年実施の専門試験には、必ず出題されると思います。一部改正される学校図書館法を、よく読んでおくことが必要になります。 ▼国会図書館のカレントアウェアネス・ポータルに最新…

続きを読む

時事Comment (0)