公共図書館改革と過渡期 : 直営と指定管理者制度の最前線

 公共図書館は、業務の外部委託化が急速に進んでいます。指定管理者制度を取り入れた自治体も少しずつですが増えています。直営と指定管理者制度のどちらがベストなのかは、簡単に結論が出せるものではありません。図書館関係者は直営派、行政事務側は指定管理者制度派という傾向が見え隠れする中、以下に紹介する2冊の本は、現状をリアルに紹介しています。公共図書館の過渡期に読んでおきたい新書です。 ▼佐賀県武雄市の…

続きを読む

おすすめ書籍Comment (0)

世界の美しい書店 / 今井栄一著

昨日(平成26年6月29日)、読売新聞朝刊の書評に紹介されていた本、「世界の美しい書店」。世界各地の個性的で、これが書店なの?と思うような空間が写真で紹介されています。ネットが隆盛な昨今、現実の書店や図書館も空間造りを工夫することで、人々を引き寄せる魅力的な演出ができるのではないでしょうか。 世界の美しい書店 / 今井栄一著宝島社 , 2014.61,944円(税込) 世界の美しい書店

続きを読む

おすすめ書籍Comment (0)