2016年度(平成28年度)国立大学法人(図書系)職員採用一次試験実施結果

2016年度(平成28年度)に実施された、国立大学法人(図書系)の一次試験の結果です。 最も高かったのは、関東甲信越地区の6.7倍、最も低かったのは、東海北陸地区の2.3倍でした。過去には10倍を超える年もありましたから、今年も落ち着いた年だったと言えます。国立大学は受験者数が非公開なので、倍率は応募数÷一次合格者数で算出しています。よって、実際の受験倍率は、この数値より少し低くなります。あく…

続きを読む

2015年度(平成27年度) 司書採用試験実施結果 : 国立大学法人(図書系),東京都,神奈川県,横浜市,埼玉県,千葉県

2015年度(平成27年度)に実施された、国立大学法人(図書系)、首都圏主要自治体である、東京都、神奈川県、横浜市、埼玉県、千葉県の司書採用試験の結果です。 国立大学は九州地区の6.8倍が最も高く、最も低かったのは、中国四国地区の2.9倍でした。どの地区も、過去には10倍を超える年もありましたから、比較的落ち着いた年だったと言えます。国立大学は受験者数が非公開なので、倍率は応募数÷一次合格者数…

続きを読む

2014年度(平成26年度)地方公務員上級/中級職採用試験 (資格免許職・司書)実施結果

地方上級(A日程)、地方中級(資格免許職)で司書採用試験を実施した、地方自治体の試験結果をまとめてみました。情報が収集できた自治体のみ掲載しています。 ▼6月22日(日)に一次試験を実施した自治体自治体採用予定数受験者数1次合格数最終合格数倍率新潟県1205120.0富山市228非公表39.3福井県1196119.0徳島県236非公表218.0大分県2277213.5 ▼9月28日(日)に一…

続きを読む

2014年度(平成26年度) 国立大学法人(図書系)の一次試験実施結果

2014年度(平成26年度)に実施された、国立大学法人職員(図書系)採用1次試験の結果です。国立大学法人は受験者数を公表していないため、倍率は応募者数÷合格者数です。実際には欠席者が出るため、表中の倍率より若干下がります。受験率は高く、80%位だと思います。一次試験に合格すると、1年間有効の合格者名簿に登録されます。図書系の場合、二次試験の一部として専門試験(記述式)があります。そして、採用予定…

続きを読む

2014年度(平成26年度)首都圏の司書採用試験実施結果 / 東京都、神奈川県、横浜市、埼玉県、千葉県

2014年度(平成26年度)に実施された、首都圏主要自治体の司書採用試験の結果です。東京都、神奈川県、横浜市、埼玉県、千葉県について掲載しました。全国を網羅するのは、時間的に余裕がないので割愛させて頂きます。千葉県は超難関でしたが、その他の自治体は、かつての50~100倍前後あった時代に比べれば、落ち着いています。東京都、神奈川県、横浜市は、ここ数十年で最も低い倍率です。この3自治体は、当たり年…

続きを読む

神奈川県職員採用試験(司書)実施結果

神奈川県についても、過去の採用データです。2000年以降、10年以上に渡り採用が凍結されていましたが、近年は採用を再開しています。ただ、今後も安定的に実施されるかは不透明です。以下は、神奈川県採用ホームページより抜粋しました(2000年のデータは過去の記録より)。 実施年採用予定数受験者数1次合格数最終合格数倍率200021859292.52012217010285.0201457533710…

続きを読む

千葉県職員採用試験(司書)実施結果

千葉県も、かつては7年程の採用空白期間がありましたが、2010年以降は毎年採用しています。下記は、1997年以降の採用データです。(千葉県採用ホームページからの抜粋。記載されていない年度は、採用試験を実施していません。)実施年採用予定数受験者数1次合格数最終合格数倍率199752728554.420032228102114.0201022656388.3201121646282.02012312…

続きを読む

埼玉県職員採用試験(司書)実施結果

埼玉県は過去に12年間採用を凍結した期間がありましたが、2012年以降は、毎年採用しています。下記は、1998年以降の採用データです。(埼玉県採用ホームページからの抜粋。1998年と1999年分は、当時のホームページで公開していたデータを印刷しておいた知人から頂いたものです。)実施年採用予定数受験者数1次合格数最終合格数倍率1998不明20517541.01999不明24982124.52012…

続きを読む

横浜市職員採用試験(司書)実施結果

横浜市は2001年以降、2009年度を除き、毎年採用をしています。これだけ安定的に採用を維持している自治体は、他にありません。司書採用のモデルケースと言えるでしょう。高倍率ではありますが、1人とか2人の様な採用数ではなく、5人以上最終合格する年度が多数あります。2012年度から、9月の第4日曜日に実施するようになったので、同日に行われる周辺の埼玉県や千葉県、そして全国各地の府県および政令指定都市…

続きを読む

東京都職員採用試験2類(司書)実施結果

東京都は、2001年から2008年までの8年間凍結していた司書職の採用を2009年度(2010年4月採用分)から復活させました。これだけ長期間、採用凍結になれば、20代~30代の若手職員が不足し、将来的に影響を及ぼします。そんな自治体は相当数あると思いますが、再び採用が始まったのは望ましいことです。ただ、東京都の場合、年齢制限が厳しく、25歳までしか受験できません。以下は、手元にある資料を元に1…

続きを読む